それはむずかしい

ディズニーに関することをマイペースに書くブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Stranger In Paradise


シーのカウントダウンでボンファイアーが復活したらしいので夏に書こうと思ったことをひとつ。
今更ですけどね。


アラビアンコーストの夏の風物詩、ボンファイアーダンスのショー終了後にはある曲がボーカル入りで流れます。

それは「だったん人の踊り」という曲。

ロシアの作曲家、アレクサンドロ・ボロディン作曲のクラシック音楽で、オペラ「イーゴリ公」で使われています。

原曲はコチラ(別窓で開きます)

で、この曲を英語でカバーしているのがショー終了後に使われています。(英語版はコチラ

ちなみにボロディンはこのオペラを完成させる前に亡くなってしまい、リムスキー=コルサコフとアレクサンドル・グラズノフによって完成します。

このリムスキー=コルサコフですが、彼はアラビアン・ナイトを題材に交響組曲を作っています。
アラビアン・ナイトの登場人物から名前をとって「シェエラザード」というんですが、
この曲の雰囲気がまさにアラビアンコーストそのまんま。

第二楽章の冒頭ですがどうぞ

夜のアラビアンコーストの雰囲気にピッタリだと思いませんか?


というディズニーミュージックと言っていいかわからないお話でした。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/09(日) 17:23:04|
  2. ディズニーミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウォルトが歌う

ウォルト・ディズニー本人の声を聞く機会と言うのはなかなか無いもの。

すでに故人というのもありますが。

今は亡きミッキーマウス・レビューではウォルトの声が聴けましたが、若いころであるのに加え、ミッキーを演じているときだったので地声とは言い難いものでした。

ではウォルトの「地声」はどういうものだったのでしょうか?

あの有名なディズニーランド開園の時のスピーチをお聞きください。

(クリックすると別窓が開きます)

この映像は1955年7月17日のディズニーランドの開園日にABCテレビで中継されたもの。

この番組は、後にアメリカ大統領となるロナルド・レーガンが司会をしていました。


ついでに貴重なウォルトが歌っているシーンもどうぞ。

(クリックすると別窓が開きます)

あの有名な作曲家のシャーマン兄弟と歌っています。


ウォルトはヘビースモーカーだったため、晩年の時と若いころでは声が若干違っています。


  1. 2010/04/20(火) 10:31:02|
  2. ディズニーミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同じメロディ

映画「モンスターズ・インク」の劇中最初に流れる曲と、アトラクションで流れている曲は同じメロディが使われています。

劇中曲)と(アトラクション)と、聴いてみると全く同じです。

劇中曲は2つの楽器がメインパートなんですが、この楽器はマイクとサリーをイメージしているんだとか。

さて、映画で使われている曲をそのままアトラクションで使うのはよくある話・・・ですが、
実はこれと同じメロディを使った曲がもう一つあります。
それはモンスターズ・インクの主題歌、「If I didn't have you 」。
日本語版タイトルは「君がいないと」で、ホンジャマカの石塚英彦さんと爆笑問題の田中裕二が歌っています。
いいリンクがないので一部ですがこちらで聴けます。

これは日本語で聴いたほうが分かりやすいと思います。
日本語版冒頭の「もしも俺が~♪」が劇中曲の冒頭と全く同じメロディなんですね。



  1. 2010/03/08(月) 18:47:54|
  2. ディズニーミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンバとシンドバッドの共通点

東京ディズニーシーのアラビアンコーストにある「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」。
このアトラクションのシンドバッドの声を担当しているのは、坂元健児さんという舞台俳優の方です。
リニューアル前の「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」でのシンドバッドの声は唐沢寿明さんが担当されていました。


現在のシンドバッド役の坂元さんは元劇団四季の団員で、ライオンキングのシンバ役でもよく知られていて、
発売されているミュージカル・ライオンキングの日本版CDでは、坂元さんが担当されているシンバの声が聴けます。

実際に聴き比べてみてください。
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
ライオンキングより終わりなき夜

なんとなくわかりましたか?
ちなみにこの「終わりなき夜」という曲はミュージカル用に追加された曲で、
映画版では「ハクナ・マタタ」の後、ナラと再会して「愛を感じて」を唄うのですが、
ミュージカル版ではその間がかなり長くなっています。
スカー、ナラ、シンバでそれぞれ1曲ずつ、合計3曲が追加されています。

この3曲の中でナラが唄う「シャドウランド」は、映画版では大人になったシンバが星空の中のムファサと会話するシーンのメロディが使われています。
その代わりミュージカル版ではシンバとムファサの会話のシーンにまた別の曲が使われています。
そこで使われているのがこの「お前のなかに生きている」なんですが、こちらはまだシンバが子供のころのシーンに使われいるバージョンです。
ゾウの墓場からの帰りでのシンバとムファサの会話、そして大人になってからのシンバとムファサの会話と、
同じシチュエーションで同じ曲を使っているんですね。
同じ曲を劇中で何回も使うというのは演出でよくあることでして、「リトル・マーメイド」でも「パート・オブ・ユア・ワールド」が確か2回使われていたと思います。

ちなみに「お前の中に生きている」の原題は「He Lives in You」で、ライオンキング2の挿入歌としても使われています。

劇中2回目の「お前のなかに生きている」がミュージカル版ライオンキングで一番盛り上がる曲だと思うので、
そちらは実際に劇場でお楽しみください。

・・・と、話の内容が完全にライオンキングになってしまいました・・・
  1. 2010/03/07(日) 14:02:07|
  2. ディズニーミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

禿山の一夜

ディズニーミュージックにはいろいろな曲があります。楽しい曲、明るい曲、壮大な曲・・・では、ディズニーで一番「怖い」曲といえば?

僕はこの「禿山の一夜」だと思います。

正確にはディズニーミュージックじゃなくてクラシックなんですけど・・・
作曲はムゾルグスキーです。(オーケストラが演奏しているのはこちら

この曲は「ファンタジア」に使われていて、ファンタジアの中でもダークな雰囲気です。
あのスピルバーグも子供のときに相当怖がったと言われるくらい、怖い作品です。

途中出てくるでっかい魔人は「チェルナボーグ」(人によってはチェルナボグとも呼んでいる)といって、ファンティリュージョンにも登場していました。(音楽はもちろん禿山の一夜で)
キングダムハーツでは終盤にボスとして登場しますが、ファイナルミックスの方じゃないとこの曲は流れません。
ディズニーには珍しい、「ユーモア」の全くないキャラクターです。
ファンティリュージョンやシンデレラ城ミステリーツアーがクローズしたパークでは全く見る機会がなくなってしまいました・・・

いつかまたこの曲とセットで会える日が来るといいのですが。

どうでもいいんですがコイツがすごい欲しい・・・
  1. 2010/03/04(木) 20:30:45|
  2. ディズニーミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Twitter

プロフィール

久

Author:久
ディズニー好きの♂です。
とうとうあこがれていた年パスデビュー。


ブログの題名は好きなディズニーミュージックから。
隠れた名曲だと思います。

ブロとも、相互リンクは随時募集中。(ディズニー関係のみでお願いします。)
コメントなどでご連絡いただけたらと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ブックレビュー (7)
その他 (11)
パレード (5)
ディズニー短編 (7)
ランド (26)
シー (31)
ディズニーミュージック (7)
USJ (2)
リゾート全体 (1)
アナハイム (1)
香港ディズニーランド (2)
Tomorrowland (2)
映画感想 (1)

フリーエリア

にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 に参加しています。 クリックしていただけたらありがたいです。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。